「ご自宅相続登記プラン」 定額77,000円(税込)

「ご自宅相続登記プラン」
定額報酬77,000円(税込)

ご家族を亡くし葬儀・法要を終えたら次は遺産相続手続きにすすむことになります。
「何から手を付けてよいのか」
「誰に相談すればよいのか」
など不安なことが多々あるかと存じます。

特に費用については
「相続手続きはどれくらい費用がかかるのかな・・」
「なんの費用なのかよくわからないまま何十万も請求されらどうしよう・・」
などと心配に感じていらっしゃるのではないでしょうか。

遺産相続の形はご家庭により多種多様であるため費用報酬体系は複雑になりがちです。

そこで当事務所では定型的なご自宅が遺産のメインである案件につきましては、安心してご依頼いただけるシンプルな定額報酬プランをご用意しました。

司法書士報酬のほか遺産相続全般の流れや実費についてもイメージできるように解説しましたのでぜひこの記事を読んでご検討いただければと存じます。

当事務所に相続のご相談があったときは、まずは「ご自宅相続登記プラン」を検討していただいており、一番ご依頼が多い相続プランとなっています。

こんな方におすすめです

  • 遺産が「ご自宅」と、いくつかの「預貯金・有価証券」という方
  • 仕事が忙しく相続手続きをする暇がない
  • 何から手を付けてよいかわからない
  • 不動産相続登記だけをお願いしたい
  • 遺産相続にかかる費用をなるべく安く済ませたい
  • 報酬額が明確でわかりやすいところに依頼したい

「ご自宅相続登記プラン」の特長

  • 安心な定額料金(書類作成費用、書類取得費用などの加算報酬はありません。)
  • 様々な相続手続きに必要となる戸籍謄本類一式を取得します
  • 遺産分割協議書を作成します
  • 手続き負担を軽減できる法定相続情報一覧図を作成します

法定相続情報一覧図とは

法定相続情報一覧図は相続関係を1枚の用紙に記載したもので、収集した戸籍謄本類を法務局に提出して申請することで発行されます。
戸籍謄本類の束の代わりになるものとして法務局や各種金融機関などで使用できます。
相続関係が一目瞭然であるため各所での相続手続きがスムーズになります。
2箇所以上で相続お手続きが必要な場合には作成をおすすめしてます。
何枚でも追加料金はありませんので必要に応じて5~10枚程お渡ししてます。

法定相続一覧図例
遺産相続手続きをなるべく安くすませたいのですが

「ご自宅相続登記プラン」には、上述のとおり各所での相続手続きに必要となる戸籍謄本類一式収集(法定相続情報一覧図作成)遺産分割協議書作成が含まれています。

法定相続情報一覧図と遺産分割協議書があれば、銀行等での相続手続きはそれほど難しいものではありません。
*平日の日中に銀行や証券会社などを何度か訪問しないといけないなどの手間と時間はそれなりにかかります。
当事務所にご自宅等の相続登記だけ依頼し、預貯金等の手続きはご自分でされるという方もよくいらっしゃいます。

この場合、遺産相続手続きで報酬として専門家に払う金額は77,000円で済むことなります。

「ご自宅相続プラン」のみ依頼した場合の遺産相続手続のイメージ

司法書士が行うこと
ご相続人さまが行うこと
  • 相続手続きに必要なすべての戸籍謄本類を取得
  • 相続関係説明図の作成
  • 法定相続一覧図の作成
  • 遺産分割協議書の作成
  • 相続不動産の固定資産評価証明書(名寄帳)取得
  • 不動産所在地図の取得・確認
  • 相続登記申請書作成
  • 法務局で不動産名義変更手続き
  • 登記完了後の登記関係書類を回収
  • 遺産の分け方を決める
    (遺産分割協議)
  • 印鑑証明書の取得
  • 遺産分割協議書への署名押印
  • 司法書士から受け取った法定相続情報一覧図と遺産分割協議書で銀行等で相続手続き

専門知識が必要なところは司法書士に任せて、できるところは自分で手続きを行いたい方におすすめです。

相続登記も含めてすべての手続をご自分でされることは可能かもしれませんが、煩雑な作業を目の前にして手続きが滞ってしまい、そのまま放置されてしまうこともすくなくありません。
相続手続きの遅滞・放置は想定外のトラブル発生につながることもあります。
大切な遺産をスムーズに安全に引き継ぐために、一部(相続登記)だけでも専門家である司法書士にお任せいただければ安心ではないかと考えます。

「ご自宅相続登記プラン」
適用条件

下記に該当する場合は、相続登記申請を司法書士報酬を定額77,000(税込)で代行いたします。

  • 相続登記する土地・建物がご自宅である
  • 相続人が4人以内
  • 相続する土地・建物が被相続人(亡くなられた方)の名義である
  • だれがご自宅を相続するか話し合いが済んでいる(または有効な遺言書がある)
  • ご自宅を被相続人の配偶者(妻や夫)または子が取得する
「ご自宅相続プラン」に該当しない場合はどれくらいの報酬になりますか

事例により様々ですが相続登記の司法書士報酬は6~12万の範囲内であることが多いです。
次のような場合は報酬が比較的高くなります。
・数次相続が発生している
・登記する不動産数が多い(たくさんの田畑、山林があるなど)
・不動産が各地にある(例:熊本市のご自宅、阿蘇市の別荘、福岡の投資用マンション)
・相続人が多数(兄弟姉妹間の相続・甥姪がおじおばを相続する場合など)
・別途手続きが必要(検認手続き、相続放棄、法定後見人申立、特別代理人申立、不在者財産管理人申立など)
※ 事案によっては土地家屋調査士、税理士、弁護士などの費用が別途必要になる場合がございます。

ご相談は無料です

「ご自宅相続登記プラン」の相談料は無料です。
ご依頼いただけなかった場合であっても相談料はかかりません。

どのタイミングで依頼すればよいでしょうか

ご自宅相続プランをお考えの場合は、ご自宅を誰が相続するか決まったらご依頼ください。
相続手続き全般について相談したい方、事前に確認したいことがある場合は、葬儀を終えすこし落ち着かれましたらお問い合わせをしていただいても大丈夫です。
なお遺産相続手続きは大まかに次のよう流れになります。
①死亡届・葬儀法要
②健康保険・年金の手続き
③相続人調査確定・財産/債務の調査
 ・相続税が発生する場合は相続税申告の準備開始
 ・借金がある場合などは相続放棄/限定承認の判断
④遺産分割協議の成立
 ・誰が何を相続するか決める
⑤遺産分割協議書による遺産相続手続き
 ・各金融機関などで相続手続き
 ・不動産登記

相続不動産が県外でも依頼できますか?

ご依頼いただけます。相続登記はオンライン申請で行いますので、全国の相続登記に対応できます。
実費としてレターパックプラス2枚分(1,040円)の費用が加算されます。報酬加算はありません。
これまでにも、東京、大阪、福岡など県外のご自宅相続を申請させていただいております。
また相続不動産が熊本にあり、相続される方が県外にお住まいという場合もご依頼いただけます。

相続登記の実費について

相続登記の実費

実費は法律等でさだめられた税や手数料で、自分で手続をしてもかかる費用です。

登録免許税書類取得費用が実費の主なものになります。

登録免許税

固定資産税評価額×0.4%が相続登記の登録免許税となります。
たとえば、固定資産税評価額が2,000万円の場合の登録免許税は8万円となります。

固定資産税評価額は、毎年5月ころに役所から送られてくる固定資産税課税明細書(納税通知書)に記載されています。熊本市の場合は「固定資産税・都市計画税納税通知書」というタイトルの書類です。(→参考
市区町村役所で取得できる固定資産名寄帳(熊本市の場合は固定資産評価証明書)にも記載されています。

登記簿・戸籍謄本類の取得

当プランの方は5,000~20,000円の間におさまる場合がほとんどです。

相続手続きに必要となる次のような書類を各所で必要数収集していきます。

  • 戸籍450円
  • 除籍/改製原戸籍750円
  • 附票300円前後
  • 固定資産評価証明書(名寄帳)400円前後
  • 登記事項証明書480円
  • 登記情報332円
  • 地図情報362円

その他通信費(切手、レターパック、小為替等)が必要です。

ご自宅相続登記プラン適用時の、固定資産税評価額ごとのお支払い総額イメージは次のとおりです。

スクロールできます
固定資産税
評価額合計
実費1
登録免許税
実費2
戸籍謄本等取得
司法書士報酬お支払い総額
500万2万円2万円7.7万円11.7万円
1000万4万円2万円7.7万円13.7万円
2000万8万円2万円7.7万円17.7万円
3000万12万円2万円7.7万円21.7万円
4000万16万円2万円7.7万円25.7万円
実費2は書類取得数により変動します。ここでは2万円固定で算出しました。
自宅の権利証(登記済証/登記識別情報)が見つかりません。

権利証がなくても相続登記は可能です。追加の費用も発生しません。

相続した不動産の売却を考えています

相続不動産を売却する場合でも相続登記は必要です。
具体的に買手と売却時期が決まっているような場合は、相続登記を余裕を持って済ませておくことをおすすめします。
相続不動産の売却や賃貸についても不動産業者や税理士と連携しサポートすることもできます。

相続人代表者指定届とは何ですか?

固定資産税の納税通知書を受け取る人を市区町村長に届け出る書類です。
指定された相続人に毎年固定資産税納税通知書が送付されることになります。

この届出をもって不動産の相続手続きを完了したと安心してしまう方がいらっしゃいますが、不動産の相続登記(名義変更)は法務局での登記手続きが必要ですのでご注意ください。

「ご自宅相続登記プラン」
ご依頼から登記完了までの流れ

STEP
電話・メール・LINEにてお問い合わせ

面談希望日時を2、3つご記入いただくとスムーズです。
ご自宅、施設、病院への出張も可能です。土日夜間でもご予約いただけます。

STEP
面談・ご相談

お手続きの流れや費用のご説明をいたします。

STEP
相続手続き開始

司法書士が相続登記に必要な書類を収集・作成します。

STEP
相続人のご署名・ご捺印

遺産分割協議書など相続人の皆様にご署名ご捺印いただく書類を送付いたします。
相続人の皆様のご署名・ご捺印をされましたら、各相続人の印鑑証明書とともに弊所までご郵送ください。
(※ 遺言による相続登記の場合はこの過程はありません。)

STEP
登記申請

管轄の法務局で相続登記を申請します。

STEP
相続登記完了

相続関係書類や新しく発行された登記識別情報(権利証)や登記事項証明書(謄本)をお渡しします。

ご予約・お問い合わせ

*電話の受付時間は平日10時~19時 土曜日 10時~12時です。

メールの方はフォームをご利用ください。

市町村名までで大丈夫です。 例:熊本市、菊陽町
概要をお書きください:
例:相続手続き相談予約、遺言に関する予約、相続に関する相談など
その他お知らせしたいこと等ございましたらご自由に記載されてください。
メールでの返信を希望される方はご入力ください。
  • URLをコピーしました!