司法書士による預貯金の相続手続き

預貯金の名義変更・解約払戻し

遺産の相続手続きに関し司法書士は不動産の名義変更(相続登記)だけでなく、預貯金、株式、投資信託等の相続手続きも行うことができます。

預貯金を相続した場合、金融機関で名義変更するか払い戻しを受ける必要があります。

このページでは預貯金の相続手続きについて解説します。

遺産分割の話し合いが済んだ後にすること

誰が何を取得するか決まったらそれらの手続きをしていくことになりますが、相続手続きは煩雑で手間がかかります。

  • 戸籍・除籍・改製原戸籍などをもれなく正確に役場で取り寄せる必要があります
  • 各金融機関などで必要な書類を集めたり遺産分割協議書を作成したりする必要があります
  • 各金融機関などの窓口を数回訪問する必要があります

たとえばこんな時にご相談ください

  • 仕事で忙しいので相続手続きをする時間がない
  • 煩雑な手続きが面倒くさい
  • 相続手続きの放置・遅延リスクを避けたい
  • 遺産分割協議内容を中立的立場で確実で速やかに履行してくれる相続専門家が必要

司法書士にお任せいただければ相続人の皆様にしていただくことは、

  • 印鑑証明書の取得
  • 各種書類に実印を押印

だけということになります。

預貯金相続手続き費用

司法書士報酬

77,000円(税込)

*相続登記を合わせてご依頼いただいた場合は55,000円(税込)

条件

  • 相続人全員で、遺産分割協議が成立している
  • 相続人全員からご依頼をいただける
  • 相続人の数が4名以内

加算報酬

次の場合には加算されます。

・金融機関2か所目以降の手続き、1か所につき44,000円(税込)

・相続人が5人以上いる場合は相続人5人目から一人増えるごとに11,000円(税込)

※ 特別な事情がある場合はその他の加算が発生することがありますが、その際には必ずご依頼前に金額をお伝えします。

実費

戸籍等、郵送費、交通費等の実費がかかります。

5,000〜20,000円の範囲内の方がほとんどです。
(相続人の数などによって変わります。)

費用モデルケース

A様が亡くなり、相続人は配偶者(妻)と子お二人
預貯金は〇〇銀行の1行のみで、すべて配偶者(妻)が取得することで話し合いが成立
配偶者(妻)は高齢で外出が苦手、子はそれぞれ仕事で手続きの時間が取れないので司法書士に依頼

司法書士報酬 77,000円(税込)
実費(戸籍一式取得・郵送費) 6,000円
合計 83,000円(税込)
相続預貯金等がいくつかの金融機関にあります。ひとつだけお願いして残りは自分でするという依頼方法も可能ですか?
可能です。

ご依頼頂いたお手続きが終わったら、司法書士が収集と作成した書類一式(戸籍一式(法定相続情報一覧図)、遺産分割協議書等)をお渡ししますので、残りの金融機関はご自分でお手続するという方法も可能です。

お手続きの流れ

1.ご予約

下記電話/メール/LINEで「預貯金相続の相談の件」でご予約ください。

2.面談

相続手続きの流れや費用をご説明いたします。
不明な点、不安な点等ございましたらお気軽にご相談ください。
相談は無料ですので費用は発生しません。

また、その場でご依頼を決定していただく必要はありません。
ご家族の方と話し合った上で、後日に依頼するかを決めていただければと存じます。

3.ご依頼

ご依頼いただけた場合は、必要な書類をすみやかに収集・作成を行います。
相続人の皆様には印鑑証明書を取得していただきます。

4.書類への署名押印

相続手続きに必要な書類をお渡ししますので、各相続人に署名押印していただきます。

5.金融機関等での手続き

司法書士が金融機関で手続きを行います。
定期的に進捗をご報告しながら進めていきます。

お手続きが完了まで、平均で1~2か月程度です。


096-372-8376
受付時間 平日10:00~18:00

メールでのご予約
受付時間 365日24時間

LINEでのご予約
受付時間 365日24時間

関連記事

亡くなられた方の遺産について、遺産分割協議がまとまったら、相続手続きを進めていくことになります。遺言書がある場合は遺言書に内容にしたがって遺産相続を進めていくことになります。 土地・建物などの不動産は遺産の中でも特に重要な財産です。 後日の[…]